なかのひと 全国
カッコイイ「斧」で薪を割りたい

キャンパーに憧れるデスクと、購入した2,000円の「斧」のおはなし

いつかのキャンプでカッコイイ斧を手に薪を割ることを目指して

デスク

ご無沙汰しております。デスクです。
今回は流行語にもなったキャンプのお話です。

皆さん、「斧」持っていますか?

#画像1

#キャプション

昨年、キャンプをはじめました。

初期投資は抑えめにということで、まずは2,000円台のタープ(ポール付き)と3,000円台のテント、2,000円台の焚火台(3回ほど使用したのち本体が湾曲し、現在は写真の2代目)、5,000円台のランタンみたいなものを購入。

#画像4

#キャプション

#画像5

#キャプション

テントが寝室、タープ下のエリアがリビングのイメージ。

#画像6

#キャプション

ランタンは見ての通りランプのこと。
本格的なものはガスなどを燃料として明かりを灯すが、LEDのものが手軽。

まずは基本的なグッズを備えて、数回キャンプに行ったところ、これが楽しい、楽しい
休日の午後、川のほとりだったりで、ビールを飲みながら、適当に缶詰とかを直接火にかけてつまんで。
眠くなったら昼寝をして・・・。

日が暮れてきたら、焚火をはじめて。
それから、ずーっと焚火を眺めながら、ぼそぼそ話をして飲み続ける

そして行くたびに、周りのキャンパーの持つグッズが欲しくなる。

ある時、隣のキャンパーがパッカーン、パッカーンと斧で薪を割るのを見て、

斧ほしいなあ

気づくとネットで斧を探していました。
お、数万円するスウェーデン製の斧、かっこいい・・・。

『シャイニング』のジャックニコルソンの持っているような。
どうせなら1メートル近くあるような斧が欲しい。

少しお酒で酔っていた私は、検索しながらその場で斧、買いました
が、根が貧乏性なので、初期投資は抑えめにということで、2,000円程度の斧をポチリ。

「ついに斧、買ってしまった。。。」

まさか人生で斧を買うことになるなんて・・・。(ウトウト・・・)

翌日、斧、届きました

#画像7

#キャプション

あれ、ち、小さいぞ。
刃渡り8センチほど・・・。しかも、刃が薄い・・・。

翌週のキャンプで早速使ってみる。

大きく振りかぶったのち、薪に対し斧を振り下ろしてパッカーンのはずが、
ズズッと刃が薪にめり込むだけで割れない
それを結局トンカチで叩いて割る。

・・・うーん、違う。。想像とちがう。。。気持ち良さがない。

本来は斧のヘッドの重さを利用してパッカーンと割るものらしい。

一緒に行く仲間が、スウェーデン製の重量感のある手斧(初斧)を購入したとのことで持ってきてくれた。

試し割りさせてもらうとパッカーン、パッカーン。気持ちがいい。
これだよ、これ。もうずーっと、この斧で薪を割り続けたい。

そんな僕を見て、友人がひと言

「俺、どうしてか、本物を買っちゃうんですよね。
やっぱ、一生もんっていうか。」

・・・・・・・・・・・。

敗北感で、2,000円の斧を右手に、ただただ静かに立ち尽くすのでした。


いかがでしたでしょうか?

最近はグッズも増えキャンプもエキスパートになってきました。雪山でもキャンプします。
(もちろん感染対策はきちんと実施します)

#画像8

#キャプション

川のせせらぎを聞きながら、ゆったりと過ごす休日は最高です。

#画像9

#キャプション

#画像10

#キャプション

まだまだコロナは収束しませんが、週末にキャンプに行くことを想像しながら、
いろんなグッズをガンガン買う毎日です。
興味のある方、今度一緒に行きましょう。

こちらもおすすめ