食・グルメ スポット 東京
半径300mグルメマップ 番外編 せんべろ酒場探訪 in GINZA

大人の街・銀座にせんべろ酒場はあるのか?質・量を兼ね備える銀座せんべろ酒場 2選

銀座は高い、の常識を打ち破るナイスなせんべろ酒場をご紹介。

ナツママ

せんべろ

「1000円でべろべろに酔える」ような価格帯の酒場の俗称。一般には作家の中島らもと編集者の小堀純が、共著の著書『せんべろ探偵が行く』(2003年)で使い始めたのが最初と言われている。また、1980年代頃に中島らもの身内言葉から全国区に広まったとの記述もある。

お財布が寂しい・・・、サクッと飲みたい・・・。そんなときの強い味方「せんべろ酒場」。
おじさんのたまり場のイメージが強いせんべろ酒場ですが、時間もお金も節約して楽しく飲みたいのは女性も同じ。昨今は女性からも熱い視線が注がれていて、女子飲みにも大活躍しているらしい。

そんなせんべろ酒場が会社の近くにあればいいのに・・・。ということで、ベルシステム24の拠点の近くにある「味良し、価格良し」のオススメせんべろ酒場を探訪する、『せんべろ酒場探訪』。読者からの熱い(?)要望を受け、今回は銀座です!

なぜ銀座か?ベルシステム24の本社がある「勝どき」からバスや電車で、約10分のところにあるのが銀座なのです。本社勤務メンバーが飲み会をする際にも外せないエリアが銀座、しかし、一等地。はたして銀座で、せんべろはできるのか?

ありました!銀座でも味良し、量良し、価格良しのせんべろ酒屋を見つけましたよ!

ということで今回、調査に協力してくれたのは、「銀座でせんべろ?」と半信半疑な、当社社員5名。札幌を中心に全国で活躍するチームのメンバーに就業後集まっていただきました。

左から赤間さん、北村さん、稲本さん、佐藤さん、川倉さん

今回の予算は一人1,500円(税込)。前回の札幌編では1,300円でしたが、今回は高級店立ち並ぶ日本の一等地・銀座ということから、単価を上げて一人1,500円に設定。ちょっと弱気かな、と思いつつも、銀座で1,500円べろべろになれるなら安い!ということで、調査スタート。

予算1,500円を握りしめ、いざ調査開始!

1軒目は銀座で本場ヴェネチアの立ち飲み『バーカロ』を体験。「OSTERIA BARABABAO」(オステリア バラババオ)

なんと銀座1丁目でおしゃれせんべろができる店「バラババオ」

まずはせんべろだけど銀座感も楽しみたい!という方にオススメのお店で検証スタート。

場所は銀座でも有名ブランドの路面店が数多く立ち並ぶ、中央通り沿い。この一等地のビルの9階に、せんべろ価格で本場の味をおしゃれに楽しめるイタリアンレストラン『OSTERIA BARABABAO(オステリア バラババオ)』があります。

銀座2丁目の看板がまぶしい。こんなところに本当にせんべろ酒場が?

miumiuの路面店が入っているビルの9F

銀座一丁目駅から徒歩1分

お店に入って奥が着席式のレストラン、手前が立ち飲みのエリアとなっており、レストランでも提供するアンティパストがひと盛で100円~、ワインは1杯300円~という超お手頃な価格で楽しめるバルなのです。

ここはヴェネチアの『バーカロ』を再現したバル。バーカロとはヴェネチアでいう居酒屋のこと。ヴェネチアには、バーカロが80軒ほど立ち並び、市民の生活に欠かせない存在なんだとか。お店は ”海の街” ヴェネチアらしく、漁師のために朝7:00から開いているのが普通だそうで、早朝に仕事を終えた漁師の寝酒の一杯からはじまり、出勤時間はビジネスマンのカフェとして、昼は年配のマダムや大学生の憩いの場、夜は社交場として、親しまれているんだとか。ここ、「バラババオ」のオーナーは本場ヴェネチアの『バーカロ』を日本でも気軽に楽しんでほしいと思い、銀座にオープンしたんだそうです。

そんな『銀座のバーカロ』のカウンターには、おいしそうな前菜が所狭しと並びます。そのメニューはせんべろのイメージとは程遠いお洒落なものばかり。この日は、「万願寺とうがらしのロースト 200円」「小柱とアスパラのトレヴィーゾ ローズマリー風味 250円」「イカスミマリネ 200円」「白魚のアラビアータ 250円」「かぼちゃのローズマリー風味 150円」などが並んでいました。そのお味はというと・・・。どれも繊細でほんとうにおいしい!それもそのはず、シェフはあのサヴァティーニの元料理長。そんな有名シェフが作るアンティパストが手ごろな値段で頂けるとは、ほんとうに素敵なお店です。

ヴェネチアの立ち飲みバル『バーカロ』で、本格的なイタリア料理の前菜がひと盛り100円〜

1軒目は、仕事の都合もあり、3名からスタート。予算の中でどう飲むか・・・。おいしそうなアンティパストを前に、迷うメンバー。ワインもさすがの品揃え。1杯300円から用意しています。

「え〜…ぜんぶおいしそう…」せんべろ泣かせの豊富なメニューに迷うメンバー
左から「小柱とアスパラのロレヴィージョ」「万願寺とうがらしのロースト」「イカスミマリネ」
こだわりのワインも1杯300円から、とリーズナブル!
ワインは詳しくない、という方にもスタッフさんが丁寧に教えてくれます。日本語ペラペラ

この日のカウンターは、イタリア出身のエルさんが担当してくれました。日本語ペラペラです。気さくでフレンドリーな店員さんにメニューを相談したり、他愛のないおしゃべりができるのも『バーカロ』の魅力。この日もメンバーと大笑いしながら一緒に盛り上がってくれましたよ!

そんな『バラババオ』でメンバーが飲んだメニューはこちら!

30代男性 赤間さん

生ビール¥400
ワイン(白)ポミーノシャルドネ¥500
シラスと玉ねぎのマリネ¥250
生ハム 1人前¥134
合計¥1,284

30代女性 稲本さん

ワイン(白)フォンタナソアヴェ¥600
ワイン(白)ポミーノシャルドネ¥500
白魚のアラビアータ¥250
生ハム 1人前¥134
合計¥1,484

40代男性 北村さん

ワイン(白)トレッビアーノ¥400
ワイン(白)エレオビアンコ¥700
エビのジェノベーゼ¥250
生ハム 1人前¥134
合計¥1,484

オススメはなんといっても、生ハム。こちらの生ハムは手動のアンティークスライサーで切っていて、透けるほどに薄く、とろける食感で、「なにこれ~~???」と目を丸くするおいしさ。こんな贅沢なせんべろがあっていいのか?とメンバーが大興奮したお得なメニューです。このお店に来たらぜひ頼んでほしい逸品。

見よ、このツヤと輝き。ふんわりした食感と口どけの良さは、手切りならでは
なにこれ??うまっ!!!と感嘆のため息の後に飲むワインがまた格別

そして1時間後・・・。

順調な仕上がり

「べろべろ」とまではいきませんが、順調な仕上がりです。

翌日のモチベーションも確実にUPしてくれるクオリティと価格は、一度は体験する価値あり。行けば間違いなく友達や家族に教えてあげたくなるお店です。皆さんもお近くにお寄りの際はぜひ行ってみてください。

すっかり仲良し。楽しい時間をありがとうございました!
OSTERIA BARABABAO(オステリアバラババオ)
東京都中央区銀座 2-6-5 銀座トレシャス 9F
TEL:050-5570-2931 立飲み席は予約不可
【月~金】ランチ 11:30~15:30(L.O.14:30) / ディナー 17:30~23:00(L.O.21:30)
【 土・日・祝】ランチ 11:30~14:30 / ディナー 14:30~23:00(L.O.21:30)
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13005913/

2軒目。「立飲み屋 大久」

2軒目は、銀座でせんべろ、と言ったらこの店。ちょい飲みストたちの間では有名な「立飲み屋 大久」さんです。

こちらも東急プラザと数寄屋橋公園の間の道を700mほど行った一等地にあるビルの2階。場所とコスパの高さから、知る人ぞ知る有名店。この日も若い女性から年配の男性まで幅広い客層で賑わっていました。

2軒目、いくぞー
大久さんも立ち飲みスタイル。客層も広い
テーブルはドラム缶。お代は、テーブルのお代入れに入れて渡すシステム

大久さんはテーブルがドラム缶タイプ。お代は注文した後に運ばれてきた料理と引き換えに、テーブルの上に置いてある「お代入れ」(灰皿ではありません!)に入れて渡すシステムです。

チューハイ150円、生ビールは250円。その他に日本酒や焼酎、ガリチューハイやトマトハイ、かち割りワインなどなど、飲み物のメニューも豊富。食べ物は、海鮮系が多いのが特徴。目玉は「天然本マグロ」500円。日によってブツか漬けになるとのこと。ふわふわのアジフライ200円。いずれもこの価格とは思えない品質。店主が独自ルートで仕入れる新鮮なものばかり。その他の料理も、手作りにこだわった味良し、価格良しのメニューばかりです。そしてメニューを見ると、1つ気がついたことが・・・。

すべて50円単位。一番安いつまみは、なんと肉だんご1個50円!

もちろんすべて税込。お通し代など一切なしの明朗会計です。
1個単位でつまみが選べるお店は初めて。楽しみです。

マグロぶつは天然モノ。肉だんごはなんと1個から注文できる

ここからはメンバーも増え、さっそく2軒目スタート。
メンバーが頼んだメニューはこちら。

3 0代男性 赤間さん

コーヒーハイ¥300
ハイボール¥250
ウーロンハイ¥200
トマトハイ 2杯¥300 x 2
肉だんご 3コ¥100
肉だんご 1コ¥50
合計¥1,500

30代女性 稲本さん

ガリチューハイ¥300
梅酒ロック¥200
天然本マグロ 2人前¥500 x 2
合計¥1,500

40代男性 北村さん

コーラ¥250
高菜冷奴¥250
アジフライ¥200
コロッケ¥100
フライドポテト¥200
おでん¥400
肉だんご 3コ¥100
合計¥1,500

(合流組)40代男性 佐藤さん

バイスセット 2セット¥300 x 2
レモンサワー¥250
ベジハイ¥300
ハムカツ¥150
ポテトサラダ¥150
肉だんご 1コ¥50
合計¥1,500

(合流組)30代男性 川倉さん

生ビール 4杯¥300 x 4
チューハイ¥200
枝豆¥100
合計¥1,500

なんと全員ピタリ賞。それもそのはず、50円単位で、50円のつまみがあるので、ピッタリにできる。
千円札を握りしめてお店に来れば、十分ベロベロになれてしまうというという結果に。

そして1時間後・・・。

これはもう、できあがっている顔ですね。(笑)

それにしても、銀座で1,500円でおつりが来るほどの価格帯でおいしく楽しめるお店があるとは・・・。驚異のコスパを誇る「大久」。ぜひ行ってみてください。

立飲み屋 大久 - DAIKYU -
東京都中央区銀座6-3-5 第1高橋ビル 2F
TEL:050-5595-9339(予約不可)
営業時間:15:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:年中無休
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13222956/

(おまけ)〆はラーメン?いえいえ、パフェでしょ。札幌文化『夜パフェ』を体験して終了

若い女性に混ざってパフェではたして本当に締まるのか検証

普段は札幌を中心に全国を飛び回るメンバーの皆さん。飲みの席で話題になったのは、札幌で今ブームの『シメパフェ』について。聞くと、札幌に馴染みの深い皆さんもシメパフェを知らない、ということした。そこで『本当にパフェでシメられるのか』を急きょ検証することに。

渋谷で今年オープンし、そのアートなビジュアルにインスタ女子・男子たちをノックアウトしている、超話題のシメパフェのお店『パフェテリア・ベル』にて、検証してきました。

その様子は

で掲載しています!こちらもぜひご覧ください。


調査報告

今回は2軒で

お酒23杯1軒目平均2杯2軒目平均3杯
つまみ18品1軒目平均2品2軒目平均3品
総額¥11,7521軒目平均¥1,4172軒目平均¥1,500

という結果になりました。

結論

銀座でせんべろは可能。1500円あれば十分楽しめる。

この日、せんべろ検証に協力してくれたメンバーもびっくりの結果になりました。
皆さんも銀座周辺に立ち寄ったときにはぜひ、同僚と、友人と、家族と、せんべろしてみてください。

こちらもおすすめ